西宮市で顧客満足度NO1!辛い症状を根本から改善する整体院です!

院長 作本 正次

病弱だった 幼少~小学生時代

▲週に5日プールに通っていました 小さい頃は1シーズンに1回は風邪をひいているような、身体の弱い子供でした。さらに、アトピーとぜんそくを持っていました(泣)

アトピーの記憶はほとんど残っていませんが、母に厳しく食べ物の制限をされていた記憶はしっかり残っています。しかし、そのおかげで今では本当に跡形もないぐらいキレイな肌になりました。今思えば、その時に身を持って、食事の大切さを学んだのだと思います。

小学4年生の11月から、水泳の選手コースに入る事になり、週に5日はプールに入っていました。

小学6年生の時に、選手コースの中でも1番上のコースになり、1回の練習で6000m~7000mぐらいは泳いでいました。結果、この時に人生で初めて「腰痛」というものを経験し、整形外科に通院し始めました(泣)

遊んでばかりだった 中学生時代

▲友人宅にて。いつも仲間を笑わせることを考えていた。 中学生になるとほぼ同時に母の薦めで、スイミングスクールを移籍しました。新しい所では、練習量が極端に減り、また周りは年上ばかりで遊ぶ事ばかり覚えました。 そのおかげか?中学生時代はあまり腰痛で悩まされた記憶がありません。

それでも高校で水泳を続ける決意をし、最後の半年ぐらいは真面目に練習し、身体を作り出しました。この怠けていた期間が、後々の人生を決めるとは思いもよらずに・・・

水泳一色だった 高校時代

▲高校最後の試合にて 高校は、大阪で水泳の名門である太成高校(現・太成学院大学高校)に進学しました。

1年生の時に、大阪で5位になり、近畿大会出場、インターハイやジュニアオリンピックにはメドレーリレーのメンバーで 選ばれ、人生で初めて「全国大会」を経験させていただきましたが、1年生の冬に中学生の時に練習をさぼっていたのが祟ったのか?

またも、腰痛になりました。

顧問の先生に相談した時に、カイロプラクティックを紹介していただきました。
これが、私とカイロプラクティックの初めての出会いでした。

私の腰の状態は思った以上に悪く、冬の間はほとんど練習できませんでした。2年生のシーズンは、ボロボロ・・・近畿大会の出場も逃し、リレーのメンバーには後輩が選ばれ、たった2日で2年生の夏は終わりました。

泳ぐのが苦痛になり、水泳部で1番仲の良かった友人が退部した事もあり、初めて水泳を辞める意思を先生に伝えました。

友人や先生方の支えもあり、もう1度頑張る事を決意し、3年間続ける事ができました。進路の時期になり、大学進学の話がありましたが、カイロプラクティックに出会って以来、腰痛に悩まされる事が無くなっていたので、 大学に進む話を断り、カイロプラクティックの専門学校に行く事を決意しました。

夢に向かって走り始めた 専門学校時代

▲アルバイト先にてこどもたちと 実は私、高校の時は文系の特進クラスにいたので、理数系の話はまるっきりダメなんですけど、専門学校に入ってみると解剖学や生理学や栄養学など、理科系の話ばかり・・・
案の定興味を持てず、2年生への進級試験では、下から2番目という成績でした。

2年生になると、カイロプラクティックの実技の授業が増え、なぜか矯正の実技は得意で、授業がおもしろくなってきました。そのおかげで、「どこをどう矯正すれば良いか?がわからないとダメ」という思いから、1年生の時に勉強しなかった解剖学や生理学を必死で勉強しました。

カイロプラクターになると決めた時から将来は開業を考えていましたので、高校卒業と同時にアルバイトを始めて、将来の資金作りを開始しました。今まで水泳をやってきたので、それを活かし、スイミングスクールでコーチをやりました。この時の経験から、今でも子供と接するのは得意になりました。

勉強にはまった 長尾クリニック時代

▲忘年会で、来年の飛躍を誓った長尾和宏院長と握手。 長尾院長からは「やれると判断したら、ドンドン(カイロの)矯正をやっていいからね。」と言っていただけました。

この時、「俺はカイロプラクターだ!」という意識が強かったので、この言葉を誇大解釈し、カイロの矯正ばかり行っていました。

幸い、良くなっていただける方が多く、どんどんカイロプラクティックの魅力にはまっていき、時間があればセミナーに行き勉強していました。

60代のお客様は「若い」と言われるような環境でしたので、自然とポキポキしない、ご高齢の方でも安全に施術できる治療法を勉強するようになりました。それが、今でも当院のメインの治療法になっています。

長尾クリニックに勤めて1年後、リハビリ室長に任命されました。そこから、スタッフの指導やお客様に「いかに喜んでいただくか?」という事を、考えるようになりました。
ここで出会った、院長先生・整形外科の先生・心療内科の先生・薬剤師さんとは今でもお客様の事でご意見やアドバイスをいただいています。

開業が現実に感じられた 中央カイロプラクティック院堺時代

▲毎年恒例中央カイロの新年会にて(左から、現中央カイロ守口院院長・堺院院長・私・枚方院院長) 長尾クリニックで3年半勤め、その後「中央カイロプラクティック院堺」でお世話になりました。

院長が施術しても6,000円、私が施術しても6,000円、しかも、自分でお金を受け取るというプレッシャーを今でも覚えています。

このプレッシャーに勝つ為に、必死に勉強し、必死に院長に食らい付いていきました。

毎日、何かしら怒られていたと思います。厳しかったですが、その中にも優しさがありました。

「作本君なら、絶対大丈夫やで!」という言葉が何より嬉しい言葉でした。私が開業できたのも、院長の厳しさがあってこそだと思います。

そして、現在

中央カイロプラクティック院堺で3年間副院長をさせていただき、平成20年8月17日に中央カイロプラクティック院西宮を開院しました。

自分が教えていただいた事・体験した事を1人でも多くの方に伝えていき、1人でも多くの方が不快な症状無く暮らしていけるように、日々精進してまいります。よろしくお願い致します。

ちなみに・・・

西宮を選んだ理由

長尾クリニックに勤めていた時に、出会った整形外科の先生に、「これからは西宮が良いよ!」と聞いたので・・・

好きな食べ物
ローストビーフ、自分が作ったものは例外なくおいしい!!
趣味
音楽鑑賞(ミスチルと福山雅治をよく聞きます。)
小さい頃の夢
オリンピック選手(もちろん水泳の)、モデル

受付 作本 矢由子

出身地
大分生まれ、埼玉育ち、中学生からはずっと西宮
趣味
・DVD鑑賞
・断捨離(たまに無性に整理整頓をしたくなる)
特技
・わりと記憶力が良い方だと思います
・人が来る時だけ、はりきって料理をすること
休日の過ごし方
家でのんびり(ぐうたらとも言う?)
好きな食べ物
ラーメン(美味しいラーメン屋の話にはすぐ飛びつきます!)
・ビール(昔は飲めなかったのに、いつからか、ビール派に・・・)
・春巻(自分で作る素朴なものが好きです)
宝物
家族、友人
今ハマっているもの
Kis-My-Ft2(デビューの時から好きです)
興味のあるもの
いかにして、老化を食い止めるか
尊敬する人
自分の軸がぶれない人
目標
老後は、世界遺産めぐりをしまくりたい!
女性の方にも安心して来院していただけるよう、女性スタッフが常勤しております。お気軽にお電話下さい。

中央カイロプラクティック院西宮

  • 所在地〒662-0978
    兵庫県西宮市産所町 14-5ニュートンビル西宮3F(国道2号線沿いにあります)
    ※エレベーター有り
    ※当院専用駐車場有り(近隣コインパーキング利用時は駐車場代を負担いたします)
  • アクセスさくら夙川駅 徒歩4分/西宮駅 徒歩4分
  • 責任者作本 正次
  • 営業時間午前9時半~12時半 午後15時半~20時
  • 定休日木曜日・日曜日・祝日
  • 0798-23-7772
メールでお問い合わせはこちらから

ページ上部に戻る